音叉 (チューナー) 128Hz の使い方 ~音叉で振動マッサージをしよう~

 

128Hzの音叉を使ってマッサージをしています。

わたしの場合はムチウチ肩こりに効果があり、みるみるほぐれていきました。

128Hzの音叉を使った振動マッサージをご紹介します。

 

!!!!!注意!!!!!!

このサイトでは、セルフケアとして音叉の振動マッサージをご紹介しています。ご病気の方は、必ず主治医に相談をし、許可がでた場合のみお試しください。
以下に該当する方は、特にご注意ください。

・ペースメーカーなど、心疾患のある方
・妊娠中の方
・体の中にボルトやプレートなどの金属が入っている方(インプラント、複雑骨折など)
・美容整形など、振動によって悪影響が出る可能性のある方

当サイトの情報を利用する事によって生じたトラブルなどについては一切の責任を負いません。
!!!!!!!!!!!!

スポンサーリンク

使い方

わたしが使っているのは、こちらの音叉です。

 

ゴムマレットと、収納袋付きで1500円くらいでした。

この付属のゴムマレットや手、ひざなどで音叉を叩いて振動を起こし、からだに当てます。

音叉のの部分を叩くと、よく振動します。

わたしは付属のゴムマレットよりも、手のの部分で叩くのがいちばんよく振動する気がしています。

それに、ゴムマレットだと128Hz以外の倍音が出てしまいます。鳴らそうと狙って出ている音ではないので、そんなにきれいな音ではありません。

ただ、何度も手で叩くと痛くなるので、ひざで叩いたりもします。

振動を起こしたら、下のの部分をからだに当てます。

凝っているところに当てたり、つぼに当てたりといろいろトライしてみましたが、骨に当てるのがいちばんビリビリきました。

骨伝導というか、ビリビリが骨をつたって広がっていくかんじです。

ひじひざくるぶしなど、骨が出っ張っているところに当てるとかなり細かな振動がわかりました。

買って手元に届いた日は、今までに体感したことがないビリビリが面白くて、暇さえあればやっていました。

効果はどのくらいで出る?

わたしの場合、直後に効果があり、

「あれ、なんとなく、体が軽い・・・?」

と感じました。

マッサージに行ったときの痛きもちいい感覚ではなく、気功を受けた後のような爽快感です。

「何かスッキリしたような・・・?あ、首回りがつっぱってないし、効果あるじゃん!気のせいじゃないみたい!」

というかんじです。

 

まとめ

・ゴムマレットより、手で叩くのがおすすめ

・病気の人は主治医に必ず相談して!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

PAGE TOP