癒しのアルファ波の出し方~ストレス解消 リラックス~ α波

「仕事が忙しすぎる!!」

テレビでよく特集されるように、日本の労働環境の悪さは目立っていますね。

特に満員電車での通勤は、会社にたどり着くだけで疲れてしまうのではないでしょうか。

そんな方は、やはり意識してリラックスするようにすることをおすすめします。こころや体のバランスを崩してしまっては大変です。

癒しの脳波、アルファ波(α波)の出し方をご紹介します。

アルファ波(α波)って何?

ウィキペディアではこのように説明されています。

アルファ波(アルファは、α波)はヒト動物の脳が発生する電気的信号(脳波)のうち、8~13Hz成分のことをさす。アルファ波という名称は、ヒトの脳波を初めて記録したハンス・ベルガーが命名し、彼にちなんでベルガー波ベルガーリズムとも呼ばれる。

安静(リラックス)・閉眼時の脳波においては、他の周波数成分に比べてアルファ波の占める割合が高く、基礎律動の主成分をなす(これは通常、目視でも確認できる)。アルファ波の発生機序については様々な仮説が提案されているものの未だに不明である。しかし脳や意識の状態によって変化することが経験的に知られているため、意識障害、認知症、精神疾患、睡眠障害などの診断補助・状態把握に用いられることがある。その他に、生理学、心理学などの研究目的で用いられることもある。

(Wikipediaより引用)

 

ちょっとわかりにくいですよね。

簡単に言うと、わたしたち人間がリラックスしている状態の脳波のことです。

アルファ波(α波)が出ている状態=リラックスしている状態

ということなので、ストレスが溜まっているときは脳がアルファ波(α波)を出している状態を作り出してあげればいいのでは?!というわけです。

アルファ波(α波)の出し方

突然ですが、猛ダッシュしたときのことを思い出してください。

「ハッ、ハッ、ハッ」と息切れして、呼吸が早くなりませんか?

心臓がドキドキして、心拍数もあがりますよね。

息切れの原因は、酸素不足です。

からだの中に充分に酸素を取り込めていないため、体がそれを補おうと必死になります。

一度に取り込める酸素の量が少ないのなら、呼吸の回数を増やそう!というわけです。

 

話を戻します。

‘ストレスが強くて疲れている人’を想像してみましょう。

目線は下がり、からだは自然とうつむき加減になっている様子が思い浮かびます。

このような姿勢では、肺が圧迫されてしまうため、猛ダッシュしたときほどではありませんが、呼吸が浅くなりがちです。

これではからだの中に取り込む酸素の量は少なくなり、同時に心拍数も上がります

ストレスが強くて疲れているときの状態がわかりましたね。

 

アルファ波(α波)が出るのは、これとは逆の、ストレスがなくて疲れていない状態です。

そう、逆です。

逆の状態を作り出せばいいんです。

リラックスするには呼吸や心拍数を下げればいいというわけです。

どうすれば、呼吸や心拍数が下がるのでしょうか?

その方法として、ヒーリングミュージック(癒しの音楽)を聴くというのがとても効果的なんです。

ヒーリングミュージック ~癒しの音楽~

ヒーリングミュージックは、激しくなく、ゆったりとしたテンポの穏やかな音楽です。

テンポが速くてノリのいい曲だと、心拍数も上がります。運動会は、「天国と地獄」など、活気が出るようなBGMが使われていますよね。

反対に、ヒーリングミュージックのようにゆったりとした音楽を聴くと、心拍数もゆったりと遅くなります。

心拍数を下げて呼吸を深くすれば、体の中に取り込む酸素の量も増えます。

ぜひヒーリングミュージックを聴いてみてください。

下の記事でおすすめヒーリングミュージックを紹介しているので、よかったら見てみてくださいね。